自己紹介

201610月更新

 

***

 

京都大学工学部から教育学部に転部後、子どもの発達相談・発達支援、障害児教育等を学び、日本福祉大学大学院で病弱教育のもつ不登校児のrelearn機能を研究。滋賀県立小児保健医療センター心理判定員として発達相談、心理療法(身体疾患患児のための予防的関わりを含む)、母子保健研修等に携わってきた。
 現職では小児がんを中心に慢性疾患患児の教育支援、体力回復、自立支援プログラム開発等を進め、医療保育の分野では日本医療保育学会医療保育専門士の研修テキストである「医療保育テキスト」の編集などに取組んできた。病気の子どもと家族にかかわる心理社会的支援専門職の社会的地位と専門性の向上、医療チームとしての実践の質向上、地域連携の促進という視点を常に意識して取組んでいる。
 2009年より医療保育と病弱教育に関する多職種合同研修プログラムの開発、2013年よりチーム医療を進めるための言葉に関する研究に取り組んでいる。

***

 

【氏名】 谷川弘治 Koji TANIGAWA ReaD & Researchmap登録情報

【所属 】西南女学院大学 保健福祉学部 福祉学科

【職名】 教授

【補職】 保健福祉学部長

【略歴】
    1976. 4 京都大学工学部電気系学科入学
    1977. 4 京都大学教育学部転入学
    1980. 3  京都大学教育学部教育学科教育指導専攻卒業
    1982. 4 日本福祉大学大学院社会福祉学研究科入学
    1984. 3  日本福祉大学大学院社会福祉学研究科修了(社会学修士)
    1986. 7  滋賀県立小児整形外科センター 技師(心理判定員)
    1988. 5  滋賀県立小児保健医療センター 技師(判定員)
    1988.10 滋賀県立小児保健医療センター 主任技師(判定員) (1994.3まで)
    1995.4  西南女学院大学保健福祉学部福祉学科 講師
    1998.4  同 助教授
    2002.4  同 教授 (現在に至る)

    2006.4 西南女学院大学保健福祉学部 福祉学科長(2008.3まで)

2010.4 西南女学院大学図書館 付属図書館長(2013.3まで)

    2015.4 保健福祉学部長(現在に至る)

2016.8 西南女学院大学・西南女学院大学短期大学部 地域連携室 室長(現在に至る)

2017.4 西南女大学・西南女学院大学短期大学部 副学長(現在に至る)

 

【分野】臨床心理学・健康臨床心理学・学校心理学・特別ニーズ教育・医療保育

【最近の研究テーマ】
医療フィールドにおける心理社会的支援の研究
 ・医療保育、病弱教育における個別支援の研究

   ・医療フィールドにおける保育士・教師を含む多職種合同研修に関する研究

   ・チーム医療における言葉に関する研究

 

【担当科目207年度】
(1)
福祉学科
 基礎 「ヒューマンサービス基礎演習」
 心理 「心理統計学」「心理学研究法」「福祉臨床心理演習T」「家族心理学演習」
 保育 「保育の心理学T」「保育の心理学U」「保育実践演習」

(2)看護学科
 「臨床心理学」

(3)他大学(非常勤講師)
 「病弱児の心理」 福岡教育大学

 「病弱児の心理・生理・病理」(心理の部分) 中村学園大学

 

【学会・研究会】
(1)
心理・教育系 日本特殊教育学会、日本医療保育学会、日本育療学会、日本心理臨床学会、日本心理学会、日本教育心理学会
(2)
保健・医療・看護系 日本小児血液・小児がん学会、日本造血細胞移植学会、日本小児保健協会、日本小児看護学会
(3)
教育系研究会 全国病弱教育研究会

 

【取得した研究費】

(科学研究費補助金)

(1)平成9年度〜10年度 科学研究費補助金「小児がん患児の教育指導に関する研究」(基盤研究(C)(2)) (課題番号09610292)
(2)
平成11年度〜13年度 科学研究費補助金「小児がん治療に伴う体力低下に対する指導指針の研究」(基盤研究(C)(1)) (課題番号11610297)
(3)
平成14年度〜16年度 科学研究費補助金「小児がん等小児慢性疾患キャリーオーバーの社会的自立のサポートシステム構築」(基盤研究(C)(1)) (課題番号14510245)
(4)
平成18年度〜19年度 科学研究費補助金「成人前期小児慢性疾患患者の社会生活支援システムの構築と検証」 (基盤研究(C)) (課題番号18500429)
(5)
平成23年度〜25年度 科学研究費補助金「医療保育士・病弱特別支援教育担当教師の専門性向上のための研修システム構築」(基盤研究(C)(1))(課題番号23531321

(6)平成27年度〜29年度 科学研究費補助金「医療保育,病弱教育に関する多職種合同研修システムの質的向上・普及の研究」(基盤研究(C)(一般))(課題番号15K04581

 

(諸団体)

  (1)財団法人がんの子どもを守る会平成9年度治療研究助成「ターミナル期にある小児がん患児の生活の質の向上における地元校の役割の検討」

 

(所属機関)

(1)西南女学院大学平成8年度共同研究費 「小児がん寛解・治癒後の学校生活に関する実態調査」

(2)西南女学院大学平成17年度共同研究費 「病院におけるセラピューティック・アプローチの専門家の配置と協働の促進に関する研究」

(3)西南女学院大学保健福祉学部附属保健福祉学研究所平成18年度研究費「全国の造血細胞移植実施施設における心理支援専門職の現状と課題」

(4)西南女学院大学保健福祉学部付属保健福祉学研究所平成21年度研究費「医療保育・病弱特別支援教育における個別の保育支援・教育支援計画立案と実行を支援するシステムの構築」

(5) 西南女学院大学保健福祉学部付属保健福祉学研究所平成26年度研究費「医療保育・病弱特別支援教育の支援(問題解決)の構築過程を規定する諸要因に関する研究 ことば研究,3点測量フォローアップ調査の探求」

(6) 西南女学院大学保健福祉学部付属保健福祉学研究所平成27年度研究費「『臨床における言葉の運用からみた医療保育と病弱教育(仮称)』の発行と検証」

 

【主著】

(1)「小児がんの子どものトータル・ケアと学校教育」ナカニシヤ出版、2000
(2)
「病気の子どもの心理社会的支援入門−医療保育・病弱教育・医療ソーシャルワーク・心理臨床を学ぶ人に」第2版 ナカニシヤ出版、2009

       論文・著書リスト